視て考える細胞生物学・分子生物学から、応用につながる研究を

​ ~ 発生と再生・炎症から 神経や関連器官をとらえる ~

 愛知医科大学医学部生物学(大学院細胞生物学)教室のホームページにようこそ。2015年より当教室を担当しております武内恒成です。

 

 武内研究室では、「みて考える」をモットーに、神経系を中心とした細胞生物学的な解析を進めています。

​とくに、ここ数年は、中枢神経系の機能回復を目指した解析に注力しています。

​ 愛知県出身者、ましては本学出身者が構成員にはおりませんが、全員がさまざまな大学や機関、様々な土地を経験して集っています。その点では、広く知見と外部の情報をできる限り取り込んで、視野が狭くならないように常に意識しながら、研究や教育に対応することを心がけています。

 個別の研究内容や情報は各ページを探っていただければ幸いです。 さまざまに質問やお問い合わせがあれば

後段のページからメールなどお送りいただいてもできる限りお答えしたいと考えます。 できる限り解放された研究室でありたいと考えます。 よろしくお願いいたします。